DESK ESSAIS artz.exblog.jp


BLOG and COLUMN
カテゴリ:牡蠣( 2 )  
豊かな森が、豊かな海を育てる  
牡蠣の生産高日本一を誇る広島。
その広島県内の牡蠣の産地の一つである廿日市市地御前では、標高が1,000m程の山の環境保全活動を行っています。

「牡蠣の産地? 標高1,000mの山の環境保全?」

もしかすると、この2つがなかなか頭の中で結びつかない方も多いかも知れませんね。

美味しい牡蠣を育てる為には、豊かな海が必要です。
海には、川の水が流れ込んでいます。

地御前の牡蠣は、「地御前かき」ブランドとして東京・築地市場でも人気の牡蠣です。
その「地御前かき」が育つ海域は、宮島の原生林から注ぎ込む栄養豊かな水と、太田川の水とが汐(しお ※)によって集まり混ざり合う豊かな水に恵まれた海域です。
その海域にあって、更に手間も惜しまずにかけながら育てられる為、人気のブランド牡蠣が育つ訳ですが、牡蠣にとって心地良い水を供給する川の源、その川の水を生み出す源流の森林が豊かであってこそ、海も豊かになります。

地御前海域に流れ込む川の一つ太田川の源流は、標高およそ1,000m付近。
一見、海から離れている様に見える山の森林。それらは繋がっていると言う事になります。

美味しい牡蠣の作り手は、海さえ良ければ良いのではない事を知っています。
こうした地道で丁寧な努力を積み重ねているからこそ、美味しい牡蠣を作り続ける事が出来るのですね。

※汐(しお)は一文字で引き潮を指します。「潮」が満ち潮、「汐」が引き潮と言う意味になる様です。

[PR]
by artz-inc | 2010-07-22 10:01 | 牡蠣
牡蠣亭  
広島の海の幸として真っ先に浮かぶものと言えば、やはり“牡蠣(かき)”ではないでしょうか。
美味しい牡蠣料理が食べられるお店は、広島に多くありますが、アルツとしてお薦めするのが、広島市中心部を流れる「京橋川」の川辺にある「牡蠣亭」です。

d0162133_18491117.jpg


牡蠣亭の牡蠣料理は、地御前の川崎水産の「健牡蠣(けんかき)」を使って作られています。
“抑制”という育て方で養殖された川崎水産の健牡蠣は、殻こそ若干小ぶりですが、その中には、はち切れんばかりに大きく、元気に育った身がつまっています。

「牡蠣が苦手」と仰る方の中には、牡蠣独特の雑味が嫌、という方が多いのではないかと思いますが、牡蠣亭が使う健牡蠣は雑味のない綺麗な味。
熱を加えても縮まない牡蠣なので、プリプリ感も断然違います。

アルツでも、他地方からいらした方に牡蠣を食べて頂くときには牡蠣亭にお連れするか、ご紹介するかしているのですが、お食事をされた方のほとんどが、牡蠣亭のファンになってお帰りになります。

京橋川・水辺のオープンカフェの牡蠣亭、お薦めです!
[PR]
by artz-inc | 2010-05-17 18:51 | 牡蠣