DESK ESSAIS artz.exblog.jp


カテゴリ
全体
お知らせ
ご挨拶
ロケと撮影
企画/プロデュース
自動車関連
デザイン
OYSTERMAN'S FOODS(R)
オイスター・パウダー
地域の特産
食育・地産地消
牡蠣盛り上げ計画
カーキーズ
q 〜KYU〜
かるキャン(R)
観光
工業関連
牡蠣
応援します!
裏話
日報
フリートーク
以前の記事
2014年 05月
2013年 01月
2012年 07月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
フォロー中のブログ
かるおじさん と 走るおうち
メモ帳
最新のトラックバック
検索
タグ
その他のジャンル
最新の記事
事務所が移転致しました
at 2014-05-07 11:42
謹んで新春のご挨拶を申し上げます
at 2013-01-04 09:00
広島がアツい!
at 2012-07-25 11:31
門出
at 2012-04-02 11:57
職人技
at 2012-03-13 16:09
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
BLOG and COLUMN
タグ:技 ( 1 ) タグの人気記事  
職人技  
先日、ある案件の為に取り寄せられた食品サンプルが届きました。
日本の飲食店ではお馴染の、本物そっくりの模型です。

出来上がりの見事さは、シンナーのにおいがなければ、本物と見分けがつかない程で、通常見えないだろうと思われるところまで本物そっくりに作られています。

その食品サンプルを使用して、ある商品の広告を制作しました。
日曜日に製品及び食品サンプルを撮影して頂き、翌日はひたすらそれらの写真を切り抜き(クリッピングパス引き)です。

切り抜きの為には、写真データをピクセル等倍以上(ピクセル等倍の3〜4倍程度)にして画面表示します。
食品サンプルを使用した写真もその様に拡大表示して作業をする訳ですが、そこまで拡大して目を凝らしてみても、本物の食品との見分けがつきません。
作業中何度も、本物の食品と錯覚しながら作業をしていました。

物心ついた頃から慣れ親しんでいる食品サンプルですが、改めて手にし、そして撮影されたものを見て、職人技の凄さを感じずにはいられませんでした。

こうした物づくりの技が途切れる事なく、これからの若い世代に継承され続けて欲しいと思いました。
[PR]
by artz-inc | 2012-03-13 16:09 | 工業関連