DESK ESSAIS artz.exblog.jp


カテゴリ
全体
お知らせ
ご挨拶
ロケと撮影
企画/プロデュース
自動車関連
デザイン
OYSTERMAN'S FOODS(R)
オイスター・パウダー
地域の特産
食育・地産地消
牡蠣盛り上げ計画
カーキーズ
q 〜KYU〜
かるキャン(R)
観光
工業関連
牡蠣
応援します!
裏話
日報
フリートーク
以前の記事
2014年 05月
2013年 01月
2012年 07月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
フォロー中のブログ
かるおじさん と 走るおうち
メモ帳
最新のトラックバック
検索
タグ
その他のジャンル
最新の記事
事務所が移転致しました
at 2014-05-07 11:42
謹んで新春のご挨拶を申し上げます
at 2013-01-04 09:00
広島がアツい!
at 2012-07-25 11:31
門出
at 2012-04-02 11:57
職人技
at 2012-03-13 16:09
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
BLOG and COLUMN
タグ:お好み焼き ( 5 ) タグの人気記事  
q〜KYU〜のミニライブが行なわれました  
昨日8月18日、広島のLive Café JIVEで行なわれた「インターネット生放送! 祝100回記念☆」の中でq〜KYU〜のミニライブが行われ、Ustreamにて生配信されました。
その模様は、こちらからご覧頂けます。
[PR]
by artz-inc | 2011-08-19 10:40 | q 〜KYU〜
「へらラへら」CD発売!  
本日8月1日、q〜KYU〜が歌う「へらラへら」のCDが発売されました。
d0162133_11161616.jpg

「へらラへら」は上綱克彦氏の作詞・作曲により制作されたお好み焼き讃歌です。

聴けばあなたもお好み焼きが食べたくなる!

「へらラへら」は、Live Café JIVEにて販売中です。
[PR]
by artz-inc | 2011-08-01 00:00 | q 〜KYU〜
お昼になりました  


今日の昼食に、お好み焼きはいかがでしょうか?
[PR]
by artz-inc | 2011-07-13 12:04 | 食育・地産地消
へらラへら  
12月に東急ハンズ広島店にて販売が開始された「大笑天へら玉」。
そのへら玉が登場するミュージックビデオがYou Tubeにて公開されました。

へら玉が使われたミュージックビデオの曲のタイトルは「へらラへら」。
作詞・作曲は、あのレイニーウッドのリーダーでもある上綱克彦さんです。
歌は、Yu–miさんと上綱克彦さんのオクターブユニゾン。
へら玉で遊んでいるUtakoちゃんと合わせて、「q(KYU)」と言う名前のユニットです。



この曲を聴いてへら玉で遊びながら、なんとお好み焼きの作り方まで覚えられてしまうと言う優れものの音楽です。
この音楽を聴いていると、お腹が減って来て仕事中だろうが無性にお好み焼きが食べたくなってしまうのが玉に傷なのですが……。

是非、You Tube「へらラヘラ」ご視聴下さい。
[PR]
by artz-inc | 2010-12-08 14:21 | 企画/プロデュース
お好み焼  
私、生まれも育ちも広島ですが、物ごころついた頃からお好み焼を食べています。
子どもの頃は通学路には何軒かお好み焼屋さんがあって、寄り道はしませんでしたが、土曜日の半日の授業が終わった後の昼食などにお好み焼きを食べに行ったものです。

お好み焼と言えば、そばやうどんが入るのが当たり前だと思っていましたが、小学校3年生の時、当時水曜の夜9時から放送していた「欽ちゃんのどこまでやるの!?」で、萩本欽一さんが「広島のお好み焼きって、そばとか入っていて美味しいのっ!」と言っていたのを聞いて、初めて広島のお好み焼が、他地方のものとは違うんだと言う事を知りました。
最近では広島のお好み焼きも認知されていますが、このエピソードから考えて全国的に見たとき、お好み焼として昔から認知されていたのは関西風のお好み焼きなのかも知れませんね。
やはり私の場合、小さな頃から馴れ親しんでいるという事もあり、広島風と呼ばれるお好み焼きが一番好きではあります。

そんな私ですが、大阪でのインターネットのオフ会の時、泊めてもらった友人に連れて行ってもらった(その方の家から)比較的近い商店街の中にあるお好み焼屋さんで食べたお好み焼きは「う〜ん、関西風も侮れん…、恐るべし」と思うほどに絶品だったのを覚えています。(そこは確か、テーブルに埋め込まれた鉄板でお店の人が焼いてくれるお店でした)

東京方面に遊びに行った時には、首都圏の友人に月島にも連れて行ってもらい、もんじゃ焼もいただいてきました。
もんじゃ焼の“壁”を作り上げて行く途中、壁が一部崩れたりすると「隊長っ! ダムが…ダムが決壊しました!」「すぐに修復しろ!」などというやり取りをしながら楽しく作って食べました。
お好み焼きに類する物は、どれもそうなのかも知れませんが、ビールを飲みながらのもんじゃ焼は、格別ですね。

それぞれのタイプのお好み焼が生まれた場所では、やはりお好み焼きが愛されている様に思います。
そして、それぞれの地域に自分達のお好み焼きに対するこだわりがあって、それがまたお好み焼のレベルを上げているのかも知れません。

どんなに世の中が変化しても、お好み焼きだけは、美味しくて親しみやすいB級グルメであり続けて欲しいなと思う、デスクTなのでした。
[PR]
by artz-inc | 2010-05-26 11:11 | 地域の特産