DESK ESSAIS artz.exblog.jp


カテゴリ
全体
お知らせ
ご挨拶
ロケと撮影
企画/プロデュース
自動車関連
デザイン
OYSTERMAN'S FOODS(R)
オイスター・パウダー
地域の特産
食育・地産地消
牡蠣盛り上げ計画
カーキーズ
q 〜KYU〜
かるキャン(R)
観光
工業関連
牡蠣
応援します!
裏話
日報
フリートーク
以前の記事
2014年 05月
2013年 01月
2012年 07月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
フォロー中のブログ
かるおじさん と 走るおうち
メモ帳
最新のトラックバック
検索
タグ
その他のジャンル
最新の記事
事務所が移転致しました
at 2014-05-07 11:42
謹んで新春のご挨拶を申し上げます
at 2013-01-04 09:00
広島がアツい!
at 2012-07-25 11:31
門出
at 2012-04-02 11:57
職人技
at 2012-03-13 16:09
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
BLOG and COLUMN
あけましておめでとうございます  
 本日より仕事始めとなります。本年も有限会社アルツをよろしくお願い申し上げます。

 午前中、毎年仕事始め恒例の初詣を行いました。三年前より鶴羽根神社に参拝させて頂いておりますが、本年も多くの企業や店舗が参拝に来られていました。
 平成二十三年に関しては、色々な予測が出されていますが、神社での初詣の雰囲気を見ていますと、「今年は必ず上昇してみせる」という意気込みと言いますか、気迫の様なものが感じられました。何か、上昇気流の様なものが起こるのではないか、と、年の初めからわくわくしたデスクTです。

 弊社は、昨年までに立案し、立ち上げた企画等を発展させ、盛り上げていく年になるのではないかと考えております。上昇気流に乗り、活発な活動を行う為にも、私自身、気力の源となる体力・健康には充分気を配りたいと思っております。

 皆様にとりましても、平成二十三年が、充実した一年となります様、祈念致しております。
[PR]
# by artz-inc | 2011-01-05 13:44 | ご挨拶
2010年も残り少なくなってまいりました  
 今年も残り少なくなってまいりましたが、皆様、いかがおすごしでしょうか?
 弊社も、一部業務を除き、明日の大掃除を以て仕事納めとなります。
 今年、2010年は皆様にとって、どんな年でしたでしょうか?
 弊社は、2010年、様々なプロジェクトを立案・企画し、それを前進させていくと言う作業を行ってまいりました。本年手がけた企画は、2011年、様々な所で皆様の目に触れるのではないかと思っております。
 2011年は卯年。大きく跳躍の年になります様、祈念しております。

 本年も、有限会社アルツをご愛顧頂きまして誠にありがとうございます。
[PR]
# by artz-inc | 2010-12-28 17:38 | ご挨拶
へらラへら  
12月に東急ハンズ広島店にて販売が開始された「大笑天へら玉」。
そのへら玉が登場するミュージックビデオがYou Tubeにて公開されました。

へら玉が使われたミュージックビデオの曲のタイトルは「へらラへら」。
作詞・作曲は、あのレイニーウッドのリーダーでもある上綱克彦さんです。
歌は、Yu–miさんと上綱克彦さんのオクターブユニゾン。
へら玉で遊んでいるUtakoちゃんと合わせて、「q(KYU)」と言う名前のユニットです。



この曲を聴いてへら玉で遊びながら、なんとお好み焼きの作り方まで覚えられてしまうと言う優れものの音楽です。
この音楽を聴いていると、お腹が減って来て仕事中だろうが無性にお好み焼きが食べたくなってしまうのが玉に傷なのですが……。

是非、You Tube「へらラヘラ」ご視聴下さい。
[PR]
# by artz-inc | 2010-12-08 14:21 | 企画/プロデュース
東急ハンズ広島店にて販売を開始致しました  
ご無沙汰しております。皆様、如何お過ごしでしょうか?

さて、本日より東急ハンズ広島店にて、弊社の木工製品販売部門である「アルツ ウッデンプロド」ブランド製品の販売が始まりました。
看板商品である「大笑天へら玉」を始めとする知育玩具、全8点です。

アルツ ウッデンプロドの知育玩具は、木の持つ温もりや優しさを活かし、お子様からお年寄りまで、幅広い層に楽しんで頂ける商品です。
また、見るだけでも楽しいカラフルな玩具に仕上がっておりますが、その塗料は、口に入れても害のないもの(※)を使っておりますので、小さなお子様にも安心して遊んで頂けるのではないかと思います。

是非、東急ハンズ広島店に足をお運び頂き、アルツ ウッデンプロドの知育玩具をお買い求め下さいませ。

※口に入れても害のない塗料を使用しておりますが、アルツ ウッデンプロドの商品は食べ物ではありません、口の中に入れたりしないで下さい。特に小さなお子様のご使用にはご注意願います。

[PR]
# by artz-inc | 2010-12-01 13:29 | お知らせ
“テクノロジー”の落とし穴  
インターネットの普及に伴い、人々のコミュニケーションが、生身のやり取りから、メールなどでのやり取りで済ませるケースが増えて来ています。
それは、友達づきあいだけではなくビジネスの世界でも同じ様で、ともすればITテクノロジー万能だと考える人が多くなって来ているかも知れません。

ある日、弊社社長の植木が、付き合いのある他社社長さんから聞いたエピソードのなかで考えさせられる物を朝礼で紹介していました。
それぞれ違う2つの会社の話しなのですが、どちらも決まると思ってあてにしていた案件や、ずっと手がけていた案件をことごとく他所に取られてしまったと言うお話しでした。

仕事を“取った”相手に共通していたのは、どちらも足しげく営業先企業の事務所に通い、担当者と膝をつきあわせて話しやセールスをしていたと言う事。
片や気の毒にも仕事を取られてしまった側はと言うと、メールやFaxで連絡をし、それで良いと思っていたんだそうです。

確かに、メールやFaxは、相手の時間をこちらの都合に合わせて縛らなくても良い、と言う利点があります。文書として連絡内容が履歴として残せると言う利点だってあります。
しかし、だからと言って、それだけで済ましても大丈夫ではないと言う事を、このエピソードは物語っているのではないかと思われます。

「この人は凄いな!」と思われる様な営業マンは、メールなどのアイテムだけではなく、自分の足も使っている様に思います。

“頭でっかちになってはいけない”

営業の世界だけではなく、様々なものを生み出す為、考える事が多い私の様な仕事の人間も、肝に銘じておかなければならないな、と痛感するエピソードでした。
[PR]
# by artz-inc | 2010-10-16 14:38 | フリートーク
「ヒジリ屋」運営終了のお知らせ  
自動車用品のインターネット販売店「ヒジリ屋」の運営を、本日正午を以ちまして終了させて頂きました。
4年の間頂きました皆様からのご愛顧に感謝申し上げます。
[PR]
# by artz-inc | 2010-09-30 12:45 | お知らせ
吸い殻  
朝、アルツの駐車場から事務所までに落ちているゴミを拾っていますが、今朝、ゴミ拾いをしていて気付いた事があります。
通行する自転車や自動車から捨てられたと見られるタバコの吸い殻が短くなっているのです。
吸える部分を多く残して捨てられた物は無く、フィルターぎりぎりまで吸われた吸い殻ばかり。

タバコ税が上がり、それに連動してタバコが大幅に値上げされる為、吸う時には無駄なく吸われてる方が増えているのかも知れません。
タバコを吸われる方も大変ですね…。

でも、タバコのポイ捨ては、やめて下さいね。
[PR]
# by artz-inc | 2010-09-21 19:47 | 日報
カルチャーショック!  
かなり間が空きましたが、皆様、如何お過ごしでしょうか?

東京への荷物の発送があり、運送会社(宅配便業者)に集荷をお願いする為に、電話をしました。

私からその会社に集荷依頼の電話を入れるのは、およそ2ヶ月ぶり。
すると、電話番号変更のアナウンスが…。
すぐに変更された電話番号にかけます。

プッシュボタンを押しながら、「この時間は(集荷を頼む人が)多いから、繋がる迄待たされるかな〜?」、と考えていると、電話の向こうはコンピュータアナウンス。

「あぁ、今日も繋がる迄待たされるんだな〜…」と思っていると、そのコンピュータアナウンスが弊社の電話番号を読み上げ「この番号でよろしければ『1』をプッシュして下さい。」と続きます。
番号は正しかったので「1」をプッシュ。

「集荷を受付けました。」

電話をかけて、声を発する事なくワンプッシュで集荷の予約が出来てしまいました。

集荷をしてもらう荷物をカウンターに置きながら「カルチャーショックじゃあ」と呟くと、経理担当が「こうやって人間は一つ一つ、頭が悪くなるんですよ」と苦笑い。

確かに考えてみれば、新しいものが開発されて便利になるほど、私たちは横着になっている様な気がします。
電話も、当たり前の様にメモリー機能がつき、以前ならば頻繁にかける所であれば諳誦(あんしょう)出来ていたものが、今は、家族の携帯番号でさえ覚えていません。(辛うじて自宅の番号は覚えていますが…)

物を考え、開発をして行く人達は別として、私たちはどんどん自分の頭を使わなくなっている様な気がします。
「カルチャーショック」を感じながら、頭脳の退化に一瞬寒気を覚えた猛暑の昼下がりでした。
[PR]
# by artz-inc | 2010-08-26 16:47 | 日報